歌い手さん、楽器奏者さんへの宅録のすすめ

ブログ
まり
まり

こんにちは!年中宅録をしている、ひきこもりシンガーソングライターです!

歌ってみたや、カバー曲は100曲以上アップしまくってます。

スタジオで録音してもらうのお金かかるなあ。。。
時間も限られてるから何回も録れないし。。。
納得いくように録れなかったなあ。。。

そんなこと思ったことありませんか??

大丈夫です!
宅録だとそんな事は皆無です!

宅録とは名の通りお家で録音する事です。
家だったら何回でも何時間でも録れますよ!!

最近、私の家で録音したサックス奏者の女の子が「宅録って機材とかよくわからない。。」て話していたので、そんなみなさまにお伝え出来たらいいなと思ってこの記事を書こうと思いました。

わかりやすい動画解説もあります。

かんたん! 宅録の始め方!わたしのDTM環境 堀川まり
スポンサーリンク

宅録はかんたん

必要なものはこれだけ!!

  • パソコン
  • オーディオインターフェイス
  • マイク(ボーカルやアナログ楽器を録音したい人)

これだけです!!かんたん!!

パソコン

パソコンの性能は、脳みその数で処理能力が高くなります。
脳みそのことを「CPU」とか「コア」とか言います。
i5は脳みそが4~6つ、i7は脳みそが6~8つ、、、って感じです。

「録音だけ」だったら脳みそ少なくても全然余裕です!
私の以前のPCは脳みそ2つ(デュアルコア)でしたが録音だけだったら全く問題なかったです。

ただ、人間って欲が出てくるじゃないですか。
もっと声質を加工したいとか、ピッチを整えたいとか。。。

プラグインを積みたくなる可能性大なので、後々考えるとちょっと余裕があった方がいいです。

オーディオインターフェイス

これさえPCにつなげば電子楽器は録音できます!!
ギターやキーボードなど「ライン」でつなげる楽器はこれさえあればいけます。
USB(orサンダーボルト)でパソコンにつなぎます。
これだけ!!!!簡単でしょ!!

値段はピンキリ。3000円代の簡易的なものから、5000円代〜、1万円代〜、20万〜、90万(!)のプロ用のものまで。

録音にコンデンサーマイクを使いたい場合は「48Vファンタム電源」「マイクプリアンプ」という機能がついてるものにしてください(重要)。
この機能は、マイクに電源を供給して音のレベルを大きくするものです。(これがないと音量が小さい)

私が使っているのはYAMAHA GO44っていうもので、だいぶ前中古で1万6千円ぐらいで買いました。マイクプリアンプついてなくて初心の頃わからなくて困った。
USBではなくファイヤーワイヤー(古い)なのでサンダーボルトに変換して繋いでいます。

オーディオインターフェイスのランクによって音が違うようなので、こだわる方はいいものを。
後々ミックスとかしたり、たくさん音を鳴らす人はやはりいいものだと音の聞こえ方がいいようです。
私のぐらいのでも十分良い音、問題ない。

マイク

ボーカルとか、笛とか、バイオリンとか、管楽器とか、ラインが繋げないものを録る時はマイクが必要です。
これでもう宅録できます!!かんたん!!

ボーカルマイクは「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」があります。
レコーディングの場合一般的には「コンデンサーマイク」を使います。

つなぎ方は
マイク → オーディオインターフェイス(マイクプリアンプつき) → パソコン

です!!かんたんでしょ!!

オーディオインターフェイスに「マイクプリアンプとファンタム電源」ついてない人は別途必要です。
ダイナミックマイクの場合はファンタム電源は不要です。
私のオーディオインターフェイスにはどちらもついてないのでこれを使っています。

つなぎ方は
マイク → マイクプリアンプ(ファンタム電源) → オーティオインターフェイス → パソコン

です!!かんたんでしょ!!

お値段もお手軽に宅録できます。

最低限の最安値はこんな感じ。

  • パソコン中古 Core i3 HDD320GB 1万円代
  • オーディオインターフェイス マイクプリアンプ+48Vつき 5000円代
  • コンデンサーマイク 5000円代
  • マイクとオーディオインターフェイスをつなぐケーブル(XLRメス-XLRオス) 400円ぐらい

これぐらいだったら気軽に宅録できますね!!
宅録できたらリモートでバンドだって出来ちゃいますよ!
スタジオ代もいらない。

自分の歌や演奏を客観的に聞くことができる。

録音した自分のボーカルや演奏を初めて聞くと「うわ、下手」って絶対思います笑
客観的に聞くことで上手くなっていきます。

たくさん練習してたくさん録って腕を磨こう。
上達していくのがわかるととっても楽しいですよ!!

じゃあ今日からレッツ宅録!!
お手軽オーディオインターフェイスを貼っておきます!

一番左の、スタインバーグの機種には音楽制作ソフト(DAW)の「Cubase AI」 がついてきます。
上位版の「CubasePro」は中田ヤスタカさんとかヒャダインさんとかたくさんのクリエイターさんが使っているDAWです。

のちのちCubase使う予定の人は操作に慣れておけますね。

その右のM-Audioの機種は「Pro Tools First M-Audio Edition 」と 「ableton Live Lite」 がついてきます。
上位版「 Pro Tools 」はXJAPANのYOSHIKIさんとかINAさん、小室哲也さんなどが使っているそうです。

ローランドの機種は「 Ableton Live Lite 」がついてきます。
使ってる人は知らん。

フォーカスライトという機種はお手頃価格なので載せてみました。
「ableton Live Lite」と 「Pro Tools First Focusrite」 がついてきます。

ベリンガーの機種はたぶん最安値だと思います!
DAWを付属してない分安くできている、と書いてある。

他にもプロ仕様からお手軽までいろいろあります!
見てみてください↓↓↓↓

コメント

  1. […] 歌い手さん、楽器奏者さんへの宅録のすすめhttps://marihorikawa.com/2020/05/05/1-6/ […]

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました