コロナの影響を受けているアーティスト、バンドマン、youtuber、フリーランスの方へ

ブログ

コロナの影響でお仕事が減ったアーティストさん。歌い手さん。

イベントが中止になったイベンターさんやDJさん。

広告収益が減ったyoutuberさんなど

コロナで困っている人が受けられる制度を調べたので、まとめたことをみなさまに共有します。

コロナでひきこもりの人
コロナでひきこもりの人

こんな時だからみなさまに役立つ情報を発信したいです。

スポンサーリンク

フリーランス、個人事業主に100万円支給「持続化給付金」

音楽や動画配信が本業の方はもちろん、会社員やアルバイトのお仕事をしながら副業で音楽を作ったりライブ活動をしたり、youtube動画などを投稿して収益を得ている人もいると思います。


副業でも条件を満たしていれば「持続化給付金」の対象になります。
申請をすれば最大100万円の給付金が受け取れます。

条件

  • 前年の売り上げ(報酬)と比較してひと月でも50%減っている月があれば対象。
  • 2019年の総売上(事業収入)―(選択した前年同月比50%減の2020年の月の売上高×12)

の額で上限100万円まで支給。

申請に必要なもの

【法人・個人事業者共通】

  • 2019年(度)の確定申告書類
  • 対象月の売上台帳等
  • 通帳のコピー

【個人事業者のみ】

  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)

“売上台帳の写しは、フォーマットの指定はなく、対象月の事業収入額がわかるもの(2020年◯月と明確に記載されているなど)であれば、経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでも構いません。 ”

https://sogyotecho.jp/jizokukuka-kyufukin202005/

とのことなので売り上げ台帳は手書きでも構わないようです。
報酬が振り込まれた日ではなく、実際に仕事を受けた日を売上月として計上します。

「来月の案件は0件だから売上は減るだろう」という見込み損は対象とみなされないので、その時点では申請できません。

売上が50%減少している事が確定したら申請することをお勧めします。

申請方法

  • WEB申請のみ。
  • こちらのHPからフォームに入力。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

持続化給付金事業 コールセンター

  • 受付時間:8時30分~19時00分(5月・6月は毎日、7月から12月は土曜日を除く)
  • 直通番号:0120-115-570
  • IP電話専用回線:03-6831-0613

フリーランス以外にも、 専門職とか水商売でお店に勤務している人の場合、実は自分が個人事業主だって事に気づいてない人がいるかも知れません。

見分けるのはかんたん。

年末に勤務先からもらう「源泉徴収票」に「報酬」と表記されていれば個人事業主です。
「給与」と表記されていれば個人事業主ではありません。

源泉徴収票捨てちゃった人は職場のえらい人に聞いてください笑

家賃を一定額代わりに払ってもらえる「住居確保給付金」

  • 3カ月の家賃助成(一定の要件により最長6カ月延長が可能) の家賃補助を受ける事ができます。

条件

  • 申請月の世帯収入の合計額が基準額以下。(地域で異なる)
  • 貯金額が基準額以下。
  • 条件額の詳細は「住居確保給付金 (住んでいる地域)」でググろう。

例えば、東京都中央区の場合は 貯金額が50万4000円以下の人が対象で、
単身 69,800円 ×3ヶ月 を代わりに払ってくれます。

申請方法

  • 住んでいる地域の区役所に電話で相談、予約。
  • 住んでいる地域の区役所の電話番号もググると出てきます。

誰でも国から10万〜20万円融資を受けられる「緊急小口資金」 「総合支援資金」

  • 収入がストップまたは減少した個人に10万〜20万円、無利子、保証人不要で国の福祉制度から借りる事が出来る。緊急小口資金。
  • (尚、償還期限を過ぎても所得の減少が続く場合は免除される。)

条件


申請に必要なもの

  • 所得が減少またはストップした事がわかる書類。(銀行の通帳など)
  • 公共料金の請求書や家賃の支払いがわかる書類。

要は、「生活費かかるのに収入なくて困ります!」が証明できればいいようです。
銀行の明細などをネットで管理している人は印刷して提出。

確定申告の控えもあるといいですね。


書類が足りないと、また再提出を要求されたり面倒みたいなので証明はあればあるだけいいようです。

申請方法

  • 住んでいる地域の「社会福祉協議会」に電話をして面談の予約をする。
  • 東京都の人は下の表の住んでいる地域に電話をしてください。
    他の県の人は「緊急小口資金 (住んでる地域)」をググったら出てきます!

更に仕事を失った方は「総合支援資金」というのも受けられるようです。
「緊急小口資金」の10万〜20万
「総合支援資金」15万〜、×3ヶ月分の融資が受けられます。


圧倒的魅力なのは小さく小さく書いてある「所得の減少が続く場合は免除」っていうところです。
ずっと収入なかったら返さなくていいよって事です。

困った時は国の制度にお世話になろう。

必ず収まるから一緒に頑張りましょうね!

感染病は今回だけでなく歴史的に見ても繰り返されているようです。(コレラとかエボラとかエイズとか、結核など)
でも、必ずワクチンや抵抗薬が開発され収まっているから今回もいつかは収まるので、今は共に耐えていきましょうね!

リーマンショックの大不況を上回るっていう人いるけど、リーマンの時でも1年半〜2年で経済回復したようなのでちょっと長引いてもなんとか大丈夫。

東日本大震災の時だって、頑張って復興したんだから大丈夫。
これを機に日本の国がもっと良い国になるといいなあと願う。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました